弁護士接見

痴漢?!職場復帰は?弁護士相談!

痴漢からの釈放

痴漢に間違われて冤罪に問われ、身内や家族が捕まってしまった場合に、一刻も早く警察から解放してあげたいと思うのが、家族でしょう。拘束、逮捕、事情聴衆が始まっている場合には、早く弁護士に相談することが大切です。逮捕された場合には、スピードが勝負だと言われています。痴漢をしていないのに、疑われて捕まってしまった。という人は、最近特に多く、社会問題にもなっています。痴漢の疑いを恐れて、満員電車では、女性に近寄らない、近くに乗らないという男性も多いです。何もしていないのに、疑いをかけられて、痴漢と言われればそれまでです。女性が訴えているのだから、こちらがいくら説明しても、捕まってしまうのです。

弁護士接見の重要性

痴漢をしていないのに、疑われた場合には、すぐに弁護士を呼びましょう。警察が来ても、弁護士を呼ぶこと、呼ぶ権利はあります。弁護士相談は、各地域で無料で行っているところもあります。知り合いの弁護士がいれば、相談呼んで相談するのもいいでしょう。弁護士は、自分の身を守ってくれて、唯一自分の味方になってくれる存在です。警察が駆けつけた時点で、すぐに弁護士を呼ぶことが重要です。勤めている人であれば、職場復帰の問題もあります。自分一人では、時間が経過するだけで、疑いははれずに冤罪になる可能性もあります。自分を守ってくれる弁護士に相談をして、一刻も早く疑いの目をはらすことが大切です。弁護士相談は、痴漢の事件を多く担当している人もいます。警察に逮捕、拘留されている時間が長ければ長いほど、職場復帰のタイミングも逃し、職場にも行きにくい環境になります。何もしていないのに、罪をかぶせられることは、精神的な負担にもなります。自分で解決しようとしないで、家族に助けを求めて、弁護士相談を受けましょう。何も解決しないまま10日間以上も警察に拘留されてしまうと、会社にも戻れず職場復帰も難しくなります。警察が来たと同時に、弁護士に相談して、罪がないことを伝えることが大切です。