前科

学生で痴漢行為をした場合は将来の発展に大きな痛手!

何歳が痴漢する?

近年は法的にも社会的にも痴漢行為に対する認識が厳しくなっていますが、非常に驚きなのは痴漢に手を染める人間が実に幅広い年代に渡ることです。10代の学生から80代以上の高齢者まで色々な痴漢ケースが存在していますが、現在の痴漢冤罪騒ぎがこれほど深刻になっていることを考慮すれば本当に出来心で痴漢をすることは大変大きなリスクとなります。

やはり最も痴漢行為をすることの最もリスクの高い年代と言えば、社会を生き抜くスキルがあまり付いていない10代や20代になって行くでしょう。色々な痴漢案件を扱って来た弁護士によりますと10代から20代による痴漢行為は、将来性を根こそぎ失ってしまうリスクが非常に高いようです。

一生消えない前科に

それは、現在痴漢行為を行うことによってメディアでも大体的に本名や住所が公開されるからです。これによって、どこかの企業に属して働くと言う行為が非常に難しくなり、社会人としてのスキルを積む機会を得ることが出来なくなっていくでしょう。

高齢者の場合は仮に痴漢行為やってしまうと実名が晒されると言ったリスクは変わらないものの、年金などを受け取っている可能性は高いので生活が続けられることも一般的です。ところが、若年層になると収入源が一気に途絶えて、更にプライバシーの露呈で就業することも厳しくなります。

これが本当に痴漢行為をやったのであれば仕方が無いですが、痴漢冤罪であった場合はこれほど面倒なことはありませんのでくれぐれも注意が必要です。