日本人と海外

海外旅行で開放的な気分が仇に!

マナーが良い日本人は海外では暴走しやすいことを忘れずに

一部の男性は海外に行くと日本では感じ得ない性的な欲求に駆られてしましまして、公共の場所で痴漢行為に走ることもある訳です。

しかし、ここで注意しなければならないのは痴漢行為が日本以上に厳しく取り締まられる国もあると言うことです。日本人がこのような行為に出るのはお酒が絡んでいることがほとんどでして、本人に記憶が無くても現地の警察に拘束されて最悪の場合は数週間に渡ることもあります。

また、旅行した国家によっては法律自体が存在しているものの、それが機能していないところも存在しています。日本であれば弁護士を呼ぶなどの対策を取ることも可能ですが、海外ではそもそもそのような権利が与えられていないことも多いでしょう。

さらに、警察組織が法律を無視して動くことも十分に考えられますので、日本の常識が全く通じないところばかりになります。

海外で裁判にかかる羽目に

海外における痴漢で最も怖いのは裁判に掛けられるパターンと言えるでしょう。国によって司法制度が異なり、更に言葉も違うことで裁判時に交わされている言葉も分からないと言う事態に陥ります。基本的に裁判において翻訳を付けるなどは許されないことはなく、一方的に進行されることもあっていつの間にか刑事罰が適用されていることもあるので注意が必要です。