電車

痴漢の冤罪被害に巻き込まれやすい人とは?

痴漢冤罪が起きる理由

今の世の中は真面目な人ほど損しやすいと言われていまして、それは現在のマナーを守る人やそうでない人を見てもとても明らかです。実はこのマナーの問題になりますが、痴漢冤罪についても非常に不利に働くことがあります。

それは地下鉄の中で身動きが出来ないくらい詰まっているのにもかかわらずにマナーよく席を譲ったり、立ち位置を変わってやったりととにかくマナーよく振る舞おうとする方もいるのです。このような方は結果的に女性の非常に多いエリアに押しやられることも多く、ひょんなことで痴漢に仕立て上げられることになるでしょう。

弁護士に相談しよう

このような事態になりますと、真面目な人ほど動揺してしまいますのでとりあえず駅の事務室に連れて行かれることになります。その結果、弁明しても何も信用してもらえずに警察に逮捕される最悪に事態になることも珍しくありません。

痴漢冤罪に詳しい弁護士によれば、大都市の鉄道などにおけるマナーと言うのは自分が負担にならない程度で守るべき気でして、それが結果的に痴漢に間違えられやすい環境になるのであれば意味がないでしょう。とにかく痴漢に間違えられないような立ち位置を維持することに専念することが重要なのです。

昼間などの比較的搭乗者の少ない時間帯であれば良いですが、朝夕のラッシュアワーになればとにかくマナーはほどほどに自分を守るための体勢を整えましょう。そして、そのことが本当の痴漢に行動を起こさせないことにも繋がって行きます。