痴漢弁護士に相談しよう

人ごみ

電車の何気ない通勤時に

意図して満員電車の中で女子学生のお尻を触っていたか?それとも、たまたま手が若い女性のお尻にふれただけかは、本人しかわかりませんが、「この人痴漢です!」といきなり、電車を出るときに若い女の子に声をあげられたらあなたならどうしますか?

痴漢弁護士によると以下のように解説されています。

  1. とにかく説明する。謝罪する。
  2. とにかく逃げる!
  3. 名刺を渡して逃げる!
  4. スマホで会話を録音する。

痴漢はとにかく説明するは有効?

痴漢弁護士によると、意図的やってしまった場合、その場で謝罪する。誠意を伝えるという方法があるようですが、「声をあげられた」という時点で、被害が回りにも伝わっており、当事者だけで解決する段階ではなくなっています。

又逆に、まったくの冤罪であったとしても、被害者からすれば「言い訳」にしか聞こえないわけですから、かえって「説明する」事自体が、意図した方向とはまったく逆の方向に相手側の心理を悪化させる恐れすらあります。

痴漢はとにかく逃げろ!は有効なの?

テレビ番組「行列のできる法律相談所」などで多いのが、とにかく逃げろです。

北村晴男弁護士は「本当にやっていないなら立ち去る。逮捕される前に全速力で走って逃げるしかない」、
菊池幸夫弁護士は「本当にやってなければ、その場にとどまらないといけない義務はない。
真相解明に協力してあげる義務さえない。やってないんですから。無視するのが正しい判断」と回答。

また、本村健太郎弁護士は「一般の方が一番犯しやすい間違い。『自分はやってない』ことを分かってもらうため、
現場にとどまり、時間を費やす。結果的にどんどん自分がその事件に巻き込まれてしまう。コレが一番怖いんですよ。
やましいところがあるから逃げるのではないんです。今、自分の身に降りかかろうとしているとんでもない災難から逃げるんですよ」と熱弁を振るった。

一方、大渕愛子弁護士はひとり、「弁護士に連絡」との見解を示したが、
「立ち去ることができないことも十分考えられますよね。弁護士に落ち着いて電話をする。
すると、すぐに駆けつけてくれることもありますし、駆けつけてくれなくても適切なアドバイスをしてくれるので
落ち着くことができるし、非常に良い方法だと思います」と語った。

ちなみに、羽交い締めにされたときに、振り払って逃げようとすると暴行罪が成立する可能性があるそう。
そのため、最小限の力で振り払うようにと、アドバイスを贈った。

ただ、この意見どうなんでしょうか?みなさん、本当に痴漢で疑われて、電車で声をあげられた人が逃げられると思いますか?防犯カメラはいたる所で設置されています。逆に逃げた後で、追跡調査されては、逆に問題が多くなるように思います。また、日本の駅は混雑していますから、そもそも「逃げられない」のです。誰かに羽交い絞めにされたり、それを無理やり振り払ったら、「とにかく説明する」という行為よりも、さらに自分を悪い方向へと向かわせてしまう可能性があるのです。私は、この意見には賛同できません。

名刺を渡して逃げる!

これは、ある程度有効な気がします。私は、実際にみたことがあります。名刺を渡して、「私は絶対にやっていない」と正々堂々と駅で主張を繰り返す男性をみたことがあります。真偽はわかりませんが、「堂々とする」ほうが、正しいと思うのです。また、人は、ぶれずに主張すれば「信じてもらえる」可能性が高まります。逃げるよりはよいのですが、名刺を渡して、逃げないで、名刺を渡して、自分の正当性を主張する。

こちらのほうが、より効果的ではないかと思います。

スマホで会話を録音する。

会話を録音しておくことは、相手の主張が変わる可能性がありますが、ベルトコンベアー式に自分が痴漢常習犯になっていく可能性が高いと思います。

まとめ

色々と、サイトを調べてみましたが、個人的には、「名刺を渡して、自分がやっていないことを主張する」というのが効果的だと思いますが、孤軍奮闘するには疲れますし大変ですから、同時に「痴漢弁護士」にかけつけてもらうために、弁護士に連絡して現場に来てもらう。これも重要かと考えます。

痴漢の冤罪被害に巻き込まれやすい人とは?

今の世の中は真面目な人ほど損しやすいと言われていまして、それは現在のマナーを守る人やそうでない人を見てもとても明らかです。実はこのマナーの問題になりますが、痴漢冤罪についても非常に不利に働くことがあります。

それは地下鉄の中で身動きが出来ないくらい詰まっているのにもかかわらずにマナーよく席を譲ったり、立ち位置を変わってやったりととにかくマナーよく振る舞おうとする方もいるのです。このような方は結果的に女性の非常に多いエリアに押しやられることも多く、ひょんなことで痴漢に仕立て上げられることになるでしょう。

このような事態になりますと、真面目な人ほど動揺してしまいますのでとりあえず駅の事務室に連れて行かれることになります。その結果、弁明しても何も信用してもらえずに警察に逮捕される最悪に事態になることも珍しくありません。

痴漢冤罪に詳しい弁護士によれば、大都市の鉄道などにおけるマナーと言うのは自分が負担にならない程度で守るべき気でして、それが結果的に痴漢に間違えられやすい環境になるのであれば意味がないでしょう。とにかく痴漢に間違えられないような立ち位置を維持することに専念することが重要なのです。

昼間などの比較的搭乗者の少ない時間帯であれば良いですが、朝夕のラッシュアワーになればとにかくマナーはほどほどに自分を守るための体勢を整えましょう。そして、そのことが本当の痴漢に行動を起こさせないことにも繋がって行きます。

海外旅行で開放的な気分が仇に!DYMになるかも?

DYM20人の社員がタイのホアヒン(公共の海岸)”全裸”で歩いた!

関係者 各位 弊社メンバーによるタイホアヒンでの騒動のお詫び 急啓 平素は、格別のご高配を賜り、お礼申し上げます。

この度、弊社メンバーが平成 28 年 3 月に実施したタイ王国への旅行に際しまして、タイ 中部のリゾート地ホアヒンにあるホテルの浜辺にて当社のメンバーの一部が泥酔して全裸 となっていたことが判明しました。 関係者の皆様をはじめ、世間をお騒がせして、誠に申し訳ございませんでした。

特に、旅行先の解放感でタガが緩み、深く考えることなく、タイ王国の国民の方々の名誉 感情を害する行いに至りましたこと、深く反省し、心よりお詫び申し上げます。

今後、同様 のことが無いよう、メンバーの教育を徹底して参る所存でございます。 甚だ簡単ではありますが、まずは、弊社の不祥事のお詫びと再発防止のお約束まで申し上 げます。 誠に申し訳ございませんでした。

草 々

平成 28 年 3 月 10 日

株式会社 DYM 代表取締役社長 水谷 佑毅
参考:http://megalodon.jp/2016-0406-1231-22/dym.asia/news/pdf/20160310_notification_0.pdf

DYMの社員旅行中に、海外旅行でタガが緩み、タイの王朝も利用する伝統ある海岸を20人以上で裸で歩いたり、騒いだりしたことがニュースで流れ、社長の名前で謝罪文が出されました。

社長がその裸20人程度の輪の中にいたかは分かりませんが、多くのタイ国民を悲しませたのは間違いありません。また、同様な行為を日本でした場合、公然わいせつ罪にあたるでしょう。例えば、日本のトップアイドルが公園で裸で歌を歌ったとして、直ぐに現行逮捕されています。

このように、日本人は旅行好きですが、それは抑圧された生活から解放されるため1つの手段と言えるでしょう。ただでさえ普段から抑圧されている日本人は、海外などで羽目を外したがる傾向にあります。

マナーが良い日本人は海外では暴走しやすいことを忘れずに

一部の男性は海外に行くと日本では感じ得ない性的な欲求に駆られてしましまして、公共の場所で痴漢行為に走ることもある訳です。

しかし、ここで注意しなければならないのは痴漢行為が日本以上に厳しく取り締まられる国もあると言うことです。日本人がこのような行為に出るのはお酒が絡んでいることがほとんどでして、本人に記憶が無くても現地の警察に拘束されて最悪の場合は数週間に渡ることもあります。

また、旅行した国家によっては法律自体が存在しているものの、それが機能していないところも存在しています。日本であれば弁護士を呼ぶなどの対策を取ることも可能ですが、海外ではそもそもそのような権利が与えられていないことも多いでしょう。

さらに、警察組織が法律を無視して動くことも十分に考えられますので、日本の常識が全く通じないところばかりになります。

海外における痴漢で最も怖いのは裁判に掛けられるパターンと言えるでしょう。国によって司法制度が異なり、更に言葉も違うことで裁判時に交わされている言葉も分からないと言う事態に陥ります。基本的に裁判において翻訳を付けるなどは許されないことはなく、一方的に進行されることもあっていつの間にか刑事罰が適用されていることもあるので注意が必要です。

非常に面倒な顔見知りによる痴漢!

現代社会に日常的に起こることの多い痴漢行為ですが、その多くが地下鉄やバスなどの公共交通機関で行われるイメージもあって加害者は第三者ばかりだと思われがちですが、実際顔見知りによる犯行も非常に多いと言えるでしょう。顔見知りになりますと痴漢と言うよりもセクハラと言う方も多くなるのでしょうが、結局は顔見知りでも痴漢行為であることには変わりありません。

しかし、弁護士によるとこの顔見知りによる痴漢行為は非常に面倒なことでも知られます。それは第三者の場合と比べて、加害者が被害者自身を良く知っているからになるからです。既に両者間の距離が非常に近い状況では、上司や友達などへ相談しても加害者の行動をストップさせることの決め手になることが少ないと言えるでしょう。

また、このようなパターンは意外にも警察や役所は取り合ってくれず、結果としてまずは弁護士などに相談して加害者本人に被害者の意思を伝えて行くのが妥当と言える訳です。それでも、その加害者が同じ職場にいる場合は何とかして上司にお願いすることが求められます。

最悪の場合は経営者に直接事情を話すと言う手もありますが、気を付けなければならないのは会社側に相談した後に加害者側が突然逆上してしまうことにもなり兼ねません。そのため、相談をして行くにもその順序ややり方などについてこだわらなければならず、弁護士などにしっかりと相談して対応する順序などを慎重に整理していくことが必要になる訳です。

ここ数年で一気に増えている権力者による痴漢行為!

最近社会を賑わせている痴漢行為を見てみますと、少なからずある程度社会的地位を持つ人間による犯行も目立って来ています。政治家・大学教授・公務員のトップなど一旦問題を起こせば、職を失うだけでなくて社会的にも復帰できないようなケースに発展することもあるでしょう。

しかし、逆に言うとこのような権力者が痴漢行為をする心理には、一定の傾向があると案件を担当する弁護士は考えているようです。それは、罪悪感が無いと言うことでして、権力者であればあるほど自身の行動を許容する心理が働くと言えます。

事件を担当する弁護士自身も比較的社会的地位の高い職業になりますが、このような地位にいる人ほど社会における自立心が非常に希薄なのだと弁護士自身も指摘することがあるでしょう。そのため、痴漢行為に関する訴訟に関しても裁判官の判例が異なるのも、権力者の心理状態は一般人とは大きくかけ離れている面が確実に存在すると言わざるを得ません。

ただ、最近は権力者による犯行もメディアでは取り上げられることが多くなったので、以前のような権力者による痴漢行為がメディアによってあからさまに黙認されていた時代と比べるとかなり大きく改善はされているのは事実です。

それでも、政治家などでも痴漢行為が指摘されても未だに傍若無人に振る舞う人間がいると言うことは、まだまだ権力者自身がこのようなメディアの変貌を受け入れられていないと言えるのではないでしょうか?

学生で痴漢行為をした場合は将来の発展に大きな痛手!

近年は法的にも社会的にも痴漢行為に対する認識が厳しくなっていますが、非常に驚きなのは痴漢に手を染める人間が実に幅広い年代に渡ることです。10代の学生から80代以上の高齢者まで色々な痴漢ケースが存在していますが、現在の痴漢冤罪騒ぎがこれほど深刻になっていることを考慮すれば本当に出来心で痴漢をすることは大変大きなリスクとなります。

やはり最も痴漢行為をすることの最もリスクの高い年代と言えば、社会を生き抜くスキルがあまり付いていない10代や20代になって行くでしょう。色々な痴漢案件を扱って来た弁護士によりますと10代から20代による痴漢行為は、将来性を根こそぎ失ってしまうリスクが非常に高いようです。

それは、現在痴漢行為を行うことによってメディアでも大体的に本名や住所が公開されるからです。これによって、どこかの企業に属して働くと言う行為が非常に難しくなり、社会人としてのスキルを積む機会を得ることが出来なくなっていくでしょう。

高齢者の場合は仮に痴漢行為やってしまうと実名が晒されると言ったリスクは変わらないものの、年金などを受け取っている可能性は高いので生活が続けられることも一般的です。ところが、若年層になると収入源が一気に途絶えて、更にプライバシーの露呈で就業することも厳しくなります。

これが本当に痴漢行為をやったのであれば仕方が無いですが、痴漢冤罪であった場合はこれほど面倒なことはありませんのでくれぐれも注意が必要です。